Google Analyticsのアカウントの移行

Google Analyticsのアカウントの移行

前任が転属、退職してしまったので誰かに引き継ぎたい。もしくは個人のGmailアカウントで使い始めたものを、会社のメールアドレスで引き継ぎたいなどの場合、Google Analyticsでは他のユーザーに対してアカウントの移行をすることで、それが実現出来ます。

Google Analyticsは無制限に複数の管理者をつけることが出来ます。

アカウントの移行のためには、まずは引き継ぐための別のメールアドレス(Gmail以外でも可)を用意します。管理者は無制限に複数つけることが可能なので、これを機に複数人に引き継ぐことも可能です。

さてその手順ですが、

  1. 新しい別のユーザーに権限を付与する
  2. 以前のユーザーを管理者から削除する

と、シンプルにたったこれだけでOKです。

Google Analyticsのアカウントの構造を理解する。

ここで一つ注意しておきたいことがあります。それはGoogle Analyticsのアカウントの構造です。

アカウントの構造

ユーザー
 └ アカウント
  └ プロパティ
   └ ビュー

「アカウント」といえば、「メールアドレス(ID)&パスワードでの、そのサービスの利用権限自体」をイメージしてしまいがちです。つまり、アナリティクスにログインするための権限そのものをイメージしてしまいがちですが、アナリティクス上での「アカウント」とは別物であるため、よく混同しがちです。アナリティクス上では、サービスの利用権限(者)を「ユーザー」、その下に紐づく形で更に「アカウント」を作成する仕組みです。

Webサイトの管理は「アカウント単位」で考えることがポイント

まだアナリティクスに慣れていないうちは「アカウント」〜「ビュー」の構造を理解しないまま使ってしまいがちです。

もしも管理するWebサイトがたった1つであれば、恐らくほとんどの場合はそれで支障が生じることはないはずです。しかし、管理するWebサイトが複数の場合、この構造を理解せぬまま次々と新しいサイトへのアナリティクス設定をしてしまうと後から困ってしまうこともあります。

Anlytics account

▲上記はAnalyticsのホーム画面です。こちらにはアカウントが2つ存在します。一番上のものを「アカウント(1)」その次を「アカウント(2)」と呼ぶこととします。画面では「アカウント(2)」の配下に複数のサイトデータが確認できます。これが「アカウント(2)」で管理しているWebサイトの一覧です。

アカウント(2)
  └ http://sample1.com(プロパティ)
  └ http://sample2.com(プロパティ)
  └ http://sample3.com(プロパティ)

上記のようになっているのであれば、sample1〜sample3までのWebサイトのデータ(プロパティ)は全て「アカウント(2)」で管理していることを表します。

この「アカウント」と「プロパティ」は、アナリティクスの仕様上非常に密接なつながりがあるそうです。そしてこのつながりは一度作成した後には絶対に紐付きを解除することができません。

つまり、現在「アカウント(2)」で管理してる「http://sample2.com」だけを、「アカウント(1)」に移動するなどということは絶対に出来ないということです。これは他のユーザーに対しても同じで、「http://sample2.com」だけを別のユーザーに管理を移管するということは出来ません。

つまり、アナリティクスでは各Webサイトのデータ(プロパティ)は必ずアカウント単位で考えないといけないということです。

アカウントの移行

それでは実際にアカウントの移行を実施します。

1.ユーザーを追加する

Anlytics account 02

▲「アナリティクス設定」>「ユーザー管理」の順でクリック。

Anlytics account 03

▲画面右上には、現在このアカウントを管理しているユーザーの一覧(メールアドレス)が表示されます。

  1. 「権限を付与するユーザー」の箇所にメールアドレスを入力
  2. 右側にあるリストをクリックして全てのチェックボックスにチェック
  3. 「追加」をクリック(この動作を新ユーザーに知らせたい場合は「このユーザーにメールで通知」にチェックも)

Anlytics account 04

これで、現在2人のユーザーで管理しているという状態となりました。管理権限も全てチェックを入れているので、現在はどちらも同等の権限を持つ管理者です。

今後は2人で管理するのであればこのままでOKですが、引き継ぎのため、前任者を管理者から外す場合は次の作業も必要です。

古いユーザーを削除する

既に新旧2人のユーザーとも、全ての権限を持つ管理者となっているため、この作業はどちらのユーザーからでも行えます。いずれのユーザーの画面を確認しても、全く同じ画面が表示されているはずです。

ユーザーの削除は、ユーザーの追加の画面と同じです。(「アナリティクス設定」>「ユーザー管理」の順でクリック)

Anlytics account 05

▲現在2名のユーザーが確認できますので、削除したい方の「削除」をクリック。

Anlytics account 06

▲確認画面が出るので「ユーザーを削除」をクリック。これにて、別のユーザーへのアカウントの移行は完了です。