Macのマウスの操作性を改善

Macのマウスの操作性を改善

アップルの製品は大体なんでも使いやすい(と思う)のですが、マウスだけはいただけない。マウスの操作性だけならWindowsマシンの方が使いやすいと感じているのは、私以外にもきっと存在するはず。

ただ、知人のアップル狂信者によれば、あれはデザインのため(Illustrator、Photoshopなどを使うため)のあえての仕様で、私の「Macマウス操作レベル」が低いから使えないのだとのことです。

でも、それはウソだと思います。

なぜなら、マウスの操作性を向上するためのツールがいくつも存在するからです。あえての仕様であれで完璧ならばそんなツールは不要なはず。そんなツールを作るのも、きっとMac好きの凄腕プログラマーやデザイナー達です。彼ら自身がMacのマウスの操作性を改善したいと思うからこそ、時間と労力を使ってそういうツールを作っているんだと思います。

マウスの操作性を改善する2つのポイント

具体的な方法を紹介する前に、マウスの操作性を改善するための2つのポイントについて述べます。

  1. 加速度
  2. 感度

Macのマウスの設定を標準でできる範囲で変更したことのある人なら、通常マウスの操作性の変更設定と言えば「軌跡の速さ」を「遅い←→速い」で変更するだけである、というのをご存知のはず。それが故、加速度と感度という2つのポイントを挙げてもピンと来ないはずです。

Mac mouse 01

これは後ほど紹介するツールでの設定項目の2つなのですが、私もこのツールを使うようになり、マウスの操作性にはこの2つのポイントが重要なのだということが理解出来ました。

そのツールを使いこなすにしても、この2つのポイントがどのように操作性に関わっているのかを理解しておくと、より自分自身に合った設定方法を探りやすくなると思いますので、まずはこれら2つのポイントについて説明したいと思います。

1.加速度について

「加速度」という言葉のアカデミックな説明はさておき、これは乗り物などでよく使われる言葉です。どんな乗り物もそうですが、停止状態からいきなり最高速度に到達するわけではありません。0からスタートし、使い手の意思を反映しながら徐々に速度が速くなります。この徐々に速くなる度合いが「加速度」です。

試しにマウスを左右にゆっくりと動かしてみると、動き始めから後になるほどマウスの移動距離が増えている様子が確認できます。ちなみに加速度が最低値の「0」だと、文字通り加速が無いので常に一定の移動距離を進むようです。

ちなみに、先に述べたMac標準の「軌跡の速さ」はどうやらこの「加速度」のことのようです。

2.感度について

同じくアカデミックな説明は割愛します。それにこの言葉は元々それを使用する分野によって定義が異なってしまうため、何かに例えても仕方がありません。そのため、この場合は後ほど説明するツールの「感度」として考えます。

さて、そのツールでいうところの「感度」ですが、これはどうやら「デバイスの移動量」に応じた「画面上でのカーソルの移動量」の関係値のようです。より簡単に言うと手元のマウスをどれだけ動かしたら、画面上でどれだけ動くかというところを「感度」として調整するようです。

詳細は後ほど説明しますが、例えばそのツールで

  • 加速度:0(最低値)
  • 感度:5(最低値)

と、それぞれ最低値に設定してみたところ

マウスの移動距離 ≒ 画面上のカーソルの移動距離(※もちろん大体です。)

つまり、モニターの端から端までカーソルを移動させようとすると、モニターと同サイズのスペースが必要になるということです。なお、この「感度」は通常では変更することができず、固定値となっているようです。

このように、マウスの操作性はその「加速度」と「感度」のバランスによって変化するのですが、どうやらMac標準では「感度」を調整出来ないところが使いづらいと感じてしまう根本原因のようです。

カーソルセンスでマウスの操作性を改善

Logo cursorsense

前置きでさんざん後ほど…とほのめかしていたツールを紹介します。ツール名はカーソルセンスです。こちらは有料(税込み980円)ですが、30日間の試用期間があります。

カーソルセンスの使い方

ダウンロードしてインストールすると、メニューが環境設定(一番右下)に追加されます。

Mac mouse 02

▼「カーソルセンス」をクリックすると設定画面になりますので、こちらで設定します。

Mac mouse 03

私の場合はマウスの操作性だけ改善出来ればそれでいいので使っていませんが、一応補足をしておきますと、接続されている各デバイス毎(マジックマウス、マジックトラックパッド、Mac本体のトラックパッド…)に設定ができるようです。

さてその使い方(設定方法)ですが、『「加速度」と「感度」を好みに調整する。』だけです。入力窓に数値を直接入力しても良いですし、カーソルを左右に移動するでもどちらでもOKです。

カーソルセンスの「おすすめ設定」

Mac mouse 04

このツール自体にも「おすすめ設定」の機能があるようです。これは、他のユーザーが使用している設定の上位20位までが人気投票形式で表示される仕組みです。が、1位以外の人気度は★1個でほぼ評価されていない様子なので、今の所はあまり参考にならない感じもしますが、試しに1位の設定(加速度:0.25、感度:1700)を使用してみると、私はこれでいい感じです。なんと言うか、Windowsっぽいというかw、普通に使える設定に仕上がりました。

とは言え、誰しもきっと色々試してみたいと思いますので、ここはまずはご自由にというところでしょうか。その際には最初に触れた「加速度」と「感度」がどういうものかというところを思い出していただき、その影響をイメージしながら色々試して自分のベストを見つけるのが良いのかなぁと思います。

補足(この2つの設定を比較してみると自分の好みが分かりやすいかも)

(一応)人気上位の設定の傾向を見ると、下記の設定パターンが最も多いようです。

  • 加速度:0.25
  • 感度:1,500前後

つまりは万人受けしやすい設定値(オールマイティーでどんな操作にも向いている)ということだと思います。

その対局にあるのが下記(この時は人気度3位でした)。

  • 加速度:3.5
  • 感度:400

数値を見ても一目瞭然なのですが、両者はまるで性格が違う仕上がりで、正に対極に位置する正反対の設置と言っていいと思います。こちらの設定はデザイン系の作業などの繊細な作業をしたい場合の設定だと感じました。

設定方法に迷ったら、もしくはそもそも自分の好みが不明なら、まずは上記2つのまるで性格の違う設定を比較してみて好みを探ってみると良いと思います。