GOOGLE SERVICESの請求でちょうど10万円と来た!?

GOOGLE SERVICESの請求でちょうど10万円と来た!?

クレジットカードで「GOOGLE SERVICES」という名称での請求といえばアドワーズ広告の請求です。なお、使用しているクレジットカードの種類によって名称は異なります。

Visa または MasterCard の明細
   GOOGLE. CC@GOOGLE.COM

American Express の明細
   GOOGLE LTD. CC@GOOGLE.COM GOOG
   または
   GOOGLE INC. CC@GOOGLE.COM GOOG

私のところではJCBを使っていたので「GOOGLE SERVICES」と来たようです。

身に覚えのない10万円の請求の犯人は?

普段はあまり気にしていなかったのですが、今回たまたまクレジットの明細を眺めていると、ちょうど10万円の請求金額の項目が。そして請求元は「GOOGLE SERVICES」と。つまりはGoogle AdWordsからです。AdWordsと言えばご存知の通り競りによって広告費が変動することもあって、必ずと言って良いほど端数の出る金額になるのが通常です。

それなのにちょうど10万円という偶然の金額はあまりにも不自然ではないか?それもとただの偶然でちょうど10万円になったのか?…

なんてことを考えていると、同じ月にまた別の金額で「GOOGLE SERVICES」からの請求が。こちらは端数があっていつものGoogle AdWordsの広告費らしい数字。同じ月に2回も請求が来ているのはおかしい。

もしかするとアカウントの不正アクセスで何かしらの架空請求をされたのか?

もう1つ思い当たったのが複数のGoogle AdWordsアカウントの統合ツールみたいなもので「クライアントセンター」というのがあります。以前Google AdWordsの営業の方からお電話いただきまして、よかったら導入してみてはどうかとあったのです。

お客様に代わって広告の運用代行なんかをする事業をやっているので、こういうツールは便利だなとと思ったので言われるがままに導入したのですが、まさかその導入費用が10万円?そんな話は一切聞いていないのだか…

Google AdWordsのサポートに電話で問い合わせを

考えてもラチがあかないので、いつものあの番号に電話をすることにしました。ちなみにここから番号を知ることもできますし、その他のヘルプを受ける手段も確認できます。

さて、早速電話をして事情を説明すると「ああ、いつものあれか」みたいな空気が。どうもこれに関する問い合わせはすごい多いんじゃなといかな?と。

理由はAdWordsの「自動支払い」という仕組み

AdWords アカウントで発生した広告費用が、指定したお支払い方法に対して自動的に請求されるお支払い設定です。

  • 請求は広告費用が発生した後に行われます。
  • 最後のお支払いから 30 日が経過した時点か、費用がご利用限度額(請求が行われる基準額)に達した時点のいずれか早いほうのタイミングで請求が行われます。

引用元:自動支払い

Google adwords

もっと詳細に分かりやすく言うと、AdWordsを使い始めた直後は「ご利用限度額」というのがあるようでして、

  1. 10,000円
  2. 25,000円
  3. 50,000円
  4. 100,000円

と、最初は10,000円からスタートし、30日以内に使う額が上記のいずれかのラインに達するごとに「ご利用限度額」が上がっていくそうです。で、私の場合はというとこれまでの利用に応じて、一番上の100,000円になっているそうです。

そう、謎の10万円の額と同じです。

「ご利用限度額」が10万円の場合、AdWordsを使って…30日以内にその利用額が10万円に達したとすると、一度10万円の金額で請求が確定し、ちょうど10万円の請求が出されるらしのです。

これがAdWordsの「自動支払い」という仕組みであり、謎の10万円の正体だったのです。

30日以内の広告費が20万円だっとすると?

この場合、10万円の請求が2回発生することになります。

急に広告をやめたとして、未請求の金額が10万円に達していなかった場合は?

広告を急に止めたとしてもすでに幾らか分利用しているとします。しかし、その総額が10万円に達していなかった場合、自動支払いのもう1つのルールである「30日が経過した…」の方が適用されて、最後の支払いから30日後に使った分の端数が請求額として確定します。

今回はたまたまクレジットの明細を見たために初めて気が付けたのですが、こういう仕組みだったのですね。なんとなく使っていたAdWordsですが、まだまだ知らないことがたくさんありそうです。もっと学ばなければ。