Boot CampとParallels Desktopで迷ったら

Boot CampとParallels Desktopで迷ったら

Macユーザーでも時にはWindowsを使いたい時があります。

  • Web系の仕事で実機での動作確認をしたい
  • 仕事用のアプリがWindowsしか使えない
  • やりたいゲームがWindows版しかない

Webのちょっとした表示確認程度ならVirtualboxを使う手もありますが、軽い表示確認程度でしか使えないのでちゃんとWindowsを使いたい場合には向いていません。

Windowsをフル機能でちゃんと使いたい場合はやはり手持ちのPCにWindowsをインストールする必要があります。それを実現するのがMacの標準機能である「Boot Camp」と有料の別アプリ「Parallels Desktop」なのです。

「Boot Camp」と「Parallels Desktop」の違い

いろいろと異なる点はありますが最大の違いは…

  • Boot Camp:MacとWindowsを別々に動かす
    ※Macを使っているときはWindowsは使えません
  • Parallels Desktop:MacとWindowsを同時に動かす
    ※基本はMacで、Windowsは1つのアプリのような感じ

↓「Parallels Desktop」におけるWindowsが1つのアプリのような感じというのはこれを見るとイメージしやすいかと

ParallelsDesktop 01

↑基本的にはMacで1つのウィンドウ内でWidnowsが動いているのが確認できます。

ちなみにParalles DesktopにてMacとWindowsを同時に動かすような環境下においては、当然のことながらマシンパワー(CPUやメモリなど)はそれぞれに分け与えることになるので、それぞれにおいて100%のパワーを発揮できなくなります。

Boot CampとParallels Desktopで迷ったら、まずは「Boot Camp」を選ぶ

今はMacを使っていても、Windowsも入れるとそちらの使用頻度も高くなるかも?いや、やっぱりメインはMacだし…こんな感じでなかなか結論が出せない場合もあると思いますが、

そんな時は迷わず「Boot Camp」を選択しましょう!

その理由は3つあります。

  • (1)Mac標準機能なのでとりあえずはWindowsのみ購入すればよい
    ※Windows OS、Parallels Desktopともに有料です。だからまずは絶対必要なWindows OSだけ買って試します。
  • (2)Parallels Desktopはあとからでも入れられます
    ※最初にBoot Campを入れてた環境で全く問題なし。
  • (3)(2)の逆はできない
    ※先に「Parallels Desktop」を入れてあとから「Boot Camp」というのは無理

こういう時に最も懸念されるのは、あとからもう一方の方法に変更できるのか?そしてその手間がどれほど掛かるのか?ということです。

それを気にしなくても良いのが「先にBoot Camp」というわけです。

もう一つ気がかりになるとするならば、MacとWindowsの環境を手に入れたとして、それぞれの使用頻度がどれくらいになるのか読みきれないところかと思います。

これも「先にBoot Camp」であれば心配する必要はありません。Windowsの使用頻度がそれほど高まらないのであれば、Windowsを使いたい場合のみ、Boot Camp方式でMacをシャットダウン(Windowsとして再起動)をして、切り替えてWindowsを使うという方法を継続すれば良いのです。

逆に思ったよりもWindowsを頻繁に使う機会が増えて、その度にMacをシャットダウン(Windowsとして再起動)するのがめんどくさくなってきた。となったらこのタイミングで「Parallels Desktop」を導入すれば良いのです。

実際私もまずは「Boot Camp」のみでWindowsをインストール、その後「Parallels Desktop」を追加して現在の環境を作りました。

あとから「Parallels Desktop」を入れられる

「Parallels Desktop」には「MY Boot Camp」という機能が備わっています。

これは何かと言いますと、先にBoot Campで構築していたWindows環境をParallels Desktopとして利用できるようにするものなのです。

つまり、先に述べた「先にBoot Camp」というのはとっくに想定済みなわけです。

想定済みなわけですから、Windowsの再インストールやらめんどくさい設定やらは全く不要です。

BootCamp

↑Parallels Desktopの画面です。

元々Boot Campで構築していたWindows環境をそのままParalles DesktopのWindows環境として構築するよ〜という機能なので、Windows上でインストールされたアプリやそれら諸設定、保存していたファイルなどはそのまま継承されるのです。

用意するもの

案外といろいろ用意する必要がありますのでまとめました

Windows OS(※必ずDVD版を)

「Boot Camp」はMac標準機能でも、WindowsOSは別途購入が必要です。

このとき普通っぽいのとそうでないもので「DSP版」と書かれたものがあります。どっちを買えば良いか分からない場合は普通っぽいもの(DSP版では無いもの)を選ぶと無難です。

DSP版というのは簡単に言うと抱き合わせ商法でして、普通に買うより安いけど付属する●●と必ず一緒に使用しないといけないみたいなめんどくさいルールがあるからです。

それとこういう場合は手軽にダウンロード販売で済ませたいところですが、用途がBoot Campの場合はダウンロード販売のは対応できないので、必ずめんどくさいDVD版を購入する必要があるのでご注意を。

DVDドライブ、容量8GB以上のUSBメモリ

Windows OSがDVDなのでドライブが必要になります。

↑このためだけにわざわざドライブを買いたくない場合、USBのみでも方法がなくはないです。※後述します

こちらの方が安上がりです。事前調査だと8GB以上とのことだったのでこれを用意しましたが、設定画面をみると16GB以上などと表示されてたりもして「無理かも?」と思った瞬間もありましたがいけました。無理な場合は途中で失敗(これは絶対避けたい)するというよりも最初から「このUSBだとダメですね〜」とエラーが返ってきて進めません。心配ならこれより大きいサイズが良いと思います。

DVDドライブを購入せずに実施する方法

先に断っておきますと、新たにDVDドライブを購入しないとはいっても手元に1つもDVDドライブがない場合は無理です。Windows OSはDVDで買いますから、それを読み込むためのDVDドライブは必要です。

大体最近のMacBookはドライブ自体がないモデルが主流です。それなのにわざわざDVDドライブを後から購入するのはバカバカしいと考えた私は、DVDのデータをisoファイルとすることで対応しました。

  1. 手元にあった別のWindows PCにDVDを挿入
  2. DVD内のデータを抜き出してisoファイル化
  3. Macに先ほどのisoファイルを移動(無線LANでコピーしたので〜30分)
  4. Boot CampにてWindowsをインストール

ざっとこんな手順です。isoファイル化するまでは別のWindows PCで実行しました。Macでもできなくないのですが、Windowsだと映画DVDなんかをリッピングするアプリがたくさんあって、そういう類のアプリには関連してisoファイル化する機能を搭載していたり、そうでなくても別アプリでたくさん存在しますので、Windowsで実施した方が楽だと思います。

なお、isoファイルはWindowsでは別のアプリを用いてマウントする必要がありますが、Macだとダブルクリックするだけでマウントされますのでここで別アプリは必要ありません。

Parallels Desktop

でもこれはダウンロード販売もあります。→https://www.parallels.com/jp/products/desktop/しかも無償トライアルがあるので、まずはそれを試すと良いと思います。